8月16日 
午前8時~ 随時 別座施餓鬼

       (特に初盆の各家ごとに行います)
午後0時~ 合座施餓鬼
午後1時~ 一般施餓鬼


精霊をお迎えする季節となりました。
いつになくすずしい気候ですね。
内地では猛暑が続いていますが、こちらにこられた方は、
「身体が楽ですね」とおっしゃています。

さて、盂蘭盆会の供養のご案内です。
「盂蘭盆」とは逆さづりにされたような苦しさをいいます。
この時期に苦難を受けているものに対して、苦から脱しせしめて、本当の安心を施します。
お寺では、各家のご先祖の供養はもちろんのこと、
地獄の亡者、餓鬼道の餓鬼に対して、
仏さまの慈悲深い教えにより、供養の施しを行います。
古来より、大変に功徳あるものとして営まれております。
皆さまのご参拝を心よりお待ちしております。
スポンサーサイト
暑さが続いて、日中の気温は上がりますが、
朝晩が冷涼なので少し救われますね。

さて、境内清掃奉仕日が8月6日の午前中行われます。
外の草刈り、庭木の剪定、草取りや、
堂内では、仏器磨き、拭き掃除、ガラス拭き作業などなど、
一年に一度、檀家さんと行うお寺の大掃除です。

ご協力をよろしくお願い申し上げます。
昨日から本日のお昼までの日程で、
無事に寺子屋修行を開催できました。
32名の小学生、5名の中学生リーダーの参加でした。
DSC_0357_convert_20170727220926.jpg

婦人の方々、青年会の三力会メンバーの方々、
クラフト工作の先生、
バルーンアートの「こうさん」、
差し入れしてくださった方々、
檀信徒の方々…
多くのお力をいただきに、ぎにぎしく活気にあふれた
実に楽しい時間でした。

今回は、当麻町の広報誌「我が郷土」の担当H記者さんも来られて
取材をしてくださいました。
31回目という息の長い活動に注目していただけるのはうれしい限りです。

明日から徐々にお盆のお参りが始まります。
会報22号を作成中でして、会報では今回の寺子屋修行の報告を予定しています。
お盆でお伺いした際にご報告をさせていただきます。
DSC_0296_convert_20170720101221.jpg

先週の暑さが和らいでほっとしています。
一方、北九州では大雨の影響で多くの人が亡くなられ、避難を余儀なくされています。
ご冥福をお祈りしますとともに、
一日も早く元の生活を取り戻せられますよう念じ、お力になりたいと思っています。

お寺では、7月24日の午後1時半から、
子安水子地蔵尊の供養会を行います。

お地蔵様のお慈悲をいただいて数多の精霊が救われ、
子どもたちの健やかな成長をお祈りする慈悲深い法要です。

お参りをお待ちしています!

また、7月26日~27日は寺子屋修行を開催します。
お寺では元気な子供たちの声が響き渡りにぎやかになります。
30名までの受付ですので、お早めにお申し込みください。
帰命頂礼遍照尊
宝亀5年の水無月(6月)に
玉藻よる朝(ちょう) 讃岐潟(さぬきがた)
屏風が浦に誕生し」

これは、「弘法大師和讃」の冒頭一節です。

お大師さまのお誕生日が
青葉まつりと呼ばれるのは
木の葉が色濃い瑞々しい季節にお生まれになったからですね。

高野山の各お堂でみかけるお花といえば、
青青とした高野槙(こうやまき)です。
高野槙寺内H29,6
 ※写真は眞弘寺境内に新芽を出しつつある高野槙
当然、山内のいたるところに高野槙は自生もし、
垣根として植樹されています。
金剛峯寺前の高野槙も立派ですよ。
育ちが非常にゆっくりなので、太い幹になるには100年以上を要します。

青葉まつりの法要では、どなたでもお参りできます。
午後1時から読経開始ですので、正午頃お越しください。
昼食を用意しています。

午後6時半からは、三力会(お寺青年会)主催の青葉まつりを行います。
会員の皆さん、参加をお待ちしいます。

先の話ですが、6月17日は午後7時から写経会(しゃきょうえ)を行います。
併せてご案内いたします。ぜひご参加ください!