FC2ブログ
冴え返る寒さで、昨日は久しぶりの降雪となりましたが、
本日は夕方につれてお日さまが出てきております。

4月21日(木)は御正御影供会のお参りです。

午後1時~
お大師様が高野山でご入定(御年62歳)あそばされたのが3月21日であります。
ご遺徳をお讃えしお祈りを申し上げます。

午前11時30分~
又、境内新四国八十八ヶ所の山開きを行います。
外でご詠歌をお唱えしつつのミニ巡礼ですので、晴れますように…。


「苦しみを多くの人と共にしぬ 来ん楽みもまたかかれかし」

昨日の新聞で与謝野晶子作の一句が紹介されていました。
当時は関東大震災(大正12年)で多くの人々が亡くなり、
地震の混乱の中、晶子の珠玉の現代語訳『源氏物語』草稿が焼失してしまいました。
心身ともに苦難の淵にあったのですが、一筋の光を求めてこれからやってくる楽しみを
人々と共に分かち合いたいという思いが込められているとのことです。
(※4月17日道新朝刊 田中綾「書棚から歌を」の要約。)

仏の慈悲心そのものであり、苦楽を共に分かち合い、上を向いて歩こうという励ましに聞こえます。
スポンサーサイト