FC2ブログ
2014.08.29 親子山祈祷
本日は、最高のお天気でありました。
暦では秋故に秋晴れですが、
日中は陽射しが強く、堂内にいても
汗ばむほどでありました。
写真は、本日のお参りの前に
五色も幕に彩られた本堂を奥に伽藍の様子です。
CIMG3077_convert_20140829220330.jpg

さて、明日は伊香牛地区の恒例行事
親子山山頂での修行大師・不動尊の祈祷と、
お地蔵さまの供養があります。

町史によるとその由来は
近くを通る石北線の線路事故があり、
犠牲者の供養にと昭和28年に建立されたようです。

また、地蔵尊については、近くを流れる灌漑水路で
幼いこどもたちが毎年のように犠牲になり、
昭和6年4月に建立されたようです。

いずれも当時の御詠歌講が中心となって
供養を重ねてこられたようです。

幼くして子を亡くしてしまった親の心として
このような供養は言葉に尽くせないほどの
慰めになったことでしょう。

幾多の悲しみを乗り越えて、
田畑を耕し、生活を営んできたわけですが、
亡くなられたいのちの
魂が救われる供養があったからこそ
艱難辛苦に挫けず、歩み続けることができ、
遺された家族にとって、大きな安心が得られたことにより、
生きる力ともなり得たことでしょう。

精霊の供養とともに、
家庭の安寧、
また、水稲の収穫を間近にし恵みに感謝し、
ひいては豊穣を願い、祈祷を致します。

地域でこのような慈悲の祈りができることは
本当に素晴らしいと思います。
昨今のように簡略化されたり、
安易に忘れられてしまうことが無いように
このような善き祈りは続けられることを
切に願っております。

スポンサーサイト