2014.11.30 大輪の菊
CIMG3486_convert_20141130142806.jpg
写真の通り、大輪の菊を奉納してくださって一月…
育てられた町内の信者K林さんが引き取りにこられ、
今日は見納めの日となりました。
17日には永代経法要が行われ、大玄関に移動し、
参拝者の心を和ませてくれました。
4月から苗を育てて、10月末頃にようやく
蕾から花びらを咲かせるのですが、
毎日毎日の手入れが大変なことです。
本当にいつもありがとうございます。

昨日は、慶應大の野村先生のご講演を拝聴させて頂きました。
演題は「ヒマラヤの楽園 ブータンを行く」
私の弟が先生とのご縁をいただき、
この度、ご来寺されました。

ブータン国とは自らは「龍の国」を称して、
政府は、GHN(グロス ナショナル ハッピネス」を基準に
世界で唯一のチベット仏教国である、という。
(中略)
まとめでは、足を知ることは幸せ感じることの基本であると。
経済的な豊かさよりも、物質的貧困でありながら、
心の豊かさを感じられるくにであることが、
先生の体験談からよくわかりました。

私の尊敬するお一人、雪山道人 河口慧海師については
特別触れていらっしゃらなかったが、
野村先生もあこがれておられ、同じようにヒマラヤを越えて
僧侶の道を目指すお気持ちもあったようです。

因みに、大学ではインドネシアの言語について講義をなされたり、
仏教について非常に精通され、信心家でいらっしゃいます。
興味深いお話を沢山聞かせていただきました。
3泊4日の当寺でのホームステイを終えて、
本日お帰りになられます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinkoji1903.blog27.fc2.com/tb.php/113-35d782a6