月例のご詠歌のお稽古を致します。

先日、退会致しますとの古株の講員さんが…
お歳もあり仕方ないとがっかりしていましたが、
反面、久しぶりのご詠歌講員入会!(^O^)という嬉しい知らせがあり、
とにかく入ってもらえるのは有り難いものです。

新旧入替は世の常で、致し方ないのですが、
み仏さまとお大師さまの信仰の心はもちろんのこと
親しみやすさをもって工夫が必要だなぁと思っています。
まずはその魅力とは…

ご詠歌をお唱えしていますと、
例えば、
「ありがたや 高野の山の岩陰に 大師はいまだおわしますなる」
とこの和歌の世界にじっくり入っていくことが出来ます。

時間をかけてお大師さまのおこころに近づいていこう、
そしてお大師さまの目指す心の仏国土を築くために
自分も努力していこうという元気をもらえるのです。

大げさかもしれませんが、お唱えをしてその世界に浸ること、
「三昧」に入ることができると思います。
お大師さまがいらっしゃって、いま私を含めて世の人々を
優しく見守ってくださっている。

ご詠歌を通じて信心を深めていく…
お大師さまの信仰の心を根本に生活ができることは
実に心が落ち着き、穏やかで、かつ自分の周りを幸せにすることが出来るでしょう。

9月5日午後1時からお稽古します。
これからも一人でも多くのかたにご詠歌に親しんでもらえたら嬉しく思います。
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinkoji1903.blog27.fc2.com/tb.php/53-74221e6d