CIMG3563_convert_20111130135158.jpg

CIMG3599_convert_20111130135709.jpg

ちょっと遅くなりましたが、ご報告です。
11月11日には職人さん2名と檀家さんの有志が集まって境内と河川敷にかかる木の伐採作業が行われました。
昨年よりはやや小規模の作業でしたので、私達を含めて合計15名です。
お天気にも恵まれて作業は順調に進みましたが、当初は午前中で作業が完了するところ、
昼食後も作業にかかりましたので、身体の動きと頭の回転も鈍くなり、ちょっと冷やっとする場面もありました。
しかし、無事に作業が完了。驚くほどみんなの一致団結があったおかげです。
職人さんは、安全を確認し倒す方向などを判断するK林さんと、確実に狙った方向へ倒すころができるチェーンソーのS木さんには、大変なご協力を頂きました。
檀家さんの中では、農作業用トラクターを持ち込んで木を運搬したり、木を引っぱったりしてくださった方もいます。高い木の枝まで登ったり、枝を払ったり、運んだりする方もいました。
一部では植木を植えかえたりもしたので、その為の肥料の運搬を一輪車で行いました。
私も額から汗がしたたり落ちるほどでしたので、考えてみればよく動いたのでしょう。

本来はこんな危険な作業はしないものですが、皆さん住職のわがままを聞いてくださいまして感謝感謝。
伐採樹木は大小合わせて20本程になりますから、一日で切って、運んで、掃除をするというとてつもないことです。
お寺とは檀家さんや信者さんの為の心のより所であり、祈りのための大切な施設ですが、ここまではなかなか出来ないと思います。誰もが快く清掃作業等にご協力して頂けることは、本当に嬉しく思います。
実のところ、私を除いて平均年齢70歳ぐらいです。
ある方は75歳ながら、とてつもない身軽で身のこなし良さは脱帽してしまいます。
とにかく一切、怪我なく終えて安心もしています。
皆様ありがとうございました。

この間伐作業は境内美観のための一工程なので、これで終わりとはなりませんが、
景観の美しさを求めて来年も頑張っていきます。

スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinkoji1903.blog27.fc2.com/tb.php/60-431908fc