2012.01.01 「辰」 新春
新春を寿ぎ謹んでお慶び申し上げます。

1CIMG3712_convert_20120101192549.jpg

松本明慶大仏師の工房より取り寄せている一刀彫りです。
大仏師が無名の修行時代より作り続けているという干支の彫刻です。
そこには初心を忘れべからずという思いが込められていると伺っています。

母と小衲がまさに辰歳ですが、
先代真城和尚(H5遷化)も辰で「三辰」でいいねぇ~といわれたことを思い出します。

さて、ご案内せずにおりましたが、昨晩は「除夜祭」が行われ約50名ほどのご参拝がありました。
雪も止み、気温もマイナス14度と下がりましたが、遠方や歩いて来られたりとよくお参りくださいました。

またはるばるアメリカからの留学生の少年が檀家のホストファミリーに連れられてやってこられました。
住職の護摩修法と小衲の叩く太鼓のドンドコ響きの中で、お大師さま仏さまにお祈りをされていました。
とても喜んでいる姿をみてこちらも嬉しなります。思い出の一つになってもらえたらいいなぁ。
因みに、写真の「辰」を一家に1個のみですが、ご参詣記念に差し上げています。

1月21日(土)正午より、初大師会です。
今年初めてのお大師さまの日に多くの皆様のお参りをお待ちしております。

また、今年から第四日曜日の午後3時~5時まで「阿字観」という真言の座禅を行います。
参加は無料です。どなたでもおいで下さいませ。
目的は、呼吸を整え、心を整えることで「いのち」の源を観じ、生かされている喜びを確認することにあります。
座禅を通して日々の生活の支えになってもらえたら幸いに思います。
1月22日(日)午後3時~5時まで、本堂にて予定しています!
※お一人からでも行います。

 
スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinkoji1903.blog27.fc2.com/tb.php/62-20f40866