お彼岸のお参りでした。
加えて昨日からの猛吹雪で今朝は除雪で大忙し。
でもある程度準備を万全整えていただので専念できました。

昨日20日はおだんご作りと仏器磨きでは檀家35名のお手伝いをいただき、
それから住職と共に掃除を終えて、「五色おだんご」やピカピカの仏器を元に戻します。

ところで今年は、檀家のS原さんのアイデアによる新しいおだんごが誕生。
詳しくは、おだんごの色が新たに加わったことです。
五智如来の智恵を色で表したら五色になります。
順番は色々ありますが、白・赤・黄・青・黒と。
しかし例年作られるおだんごの色は、黒を抜いて四色だったのです。
それについて、3月11日の大震災慰霊のために仙台へ向かう折に、
あれこれと住職と話しをして、「どうにかして黒色を入れられないかしら…」となったのです。
S原さんは、「そば粉を混ぜたらどうかしら?」と。
慰霊の旅が終わって帰ってきた翌日に早速、物は試しと作ってきて下さいました。
色合いもほんのりやわらかな黒色。うん、これはイケルね。ようやく五色が集まったよよ大喜び。
20日のおだんご作りで約500袋の五色そろったおだんご袋ができあがった次第です。
因みにお蕎麦の苦手な方もいらっしゃいますので、お接待で配布する時に住職から丁寧に説明を加えております。

奇しくも、大震災一周忌の精霊慰霊の祈りの道中で浮かんだ五色の内の黒色。
この色は天鼓雷音仏、或いは不空成就仏の仏を表し、涅槃常住の徳を表します。
今回の彼岸まいり・涅槃会でまさに涅槃の徳を表す黒色が生まれたことは、不思議に思えます。
これも慈悲深い仏の導きかな。

本日は約65名のお詣りの中で、先祖供養と釈尊涅槃の仏徳を讃えて、
あたたかなるお祈りができ、檀信徒の信心がいっそう養われたかと思う次第です。

住職の法話も活き活きして和やかでした。
また、婦人会会長の新旧交代のご報告もさせて頂きました。

下は、雪後に晴れ晴れとした中で五色が実に映える今朝の写真です。
浅春とはいえ、未だ銀世界なり。
CIMG3970_convert_20120321230309.jpg


スポンサーサイト
Secret

TrackBackURL
→http://shinkoji1903.blog27.fc2.com/tb.php/68-70181f01